1. 医師紹介

    院長プロフィール・ご挨拶

  2. 医院案内

    診療方針・初診の方へ

  3. アクセス

    当院までのアクセス・駐車場・診療時間

保険治療

アレルギー検査

1.非特異的IgE検査

アレルギー疾患が疑われる場合、アレルギーのタイプによって適切な検査をすることができます。
詳細は診察してからになります。

代表的なものはIgE抗体を介したアレルギーです。
血液検査では、このIgEの量を調べることでアレルギーの有無や程度を知ることができます。
例えばダニに対するIgEやスギに対するIgEを調べることができます。
このように、ある特異的なアレルゲンに対するIgEを個別に調べることを、特異的IgE検査、
それに対して不特定のIgEの合計を調べる検査を非特異的IgE検査と呼びます。

2.パッチテスト

接触皮膚炎をおこす原因になる成分を24種類まとめたパッチテストのセットを行っております。

3.プリック・スクラッチテスト

じんましんの症状が軽度の場合、外来にて疑われる物質を持参していただき
プリック又はスクラッチテストを行っています。(症状が重い場合はできません)