1. 医師紹介

    院長プロフィール・ご挨拶

  2. 医院案内

    診療方針・初診の方へ

  3. アクセス

    当院までのアクセス・駐車場・診療時間

自費治療

PICOSURE

新世代型レーザー治療、ついに奈良に初導入!

PICOSUREの革新的なポイント

  1. テープ不要のシミ治療
  2. シミ・毛穴・しわ・にきび痕が同時に治療できる究極の美肌レーザー
  3. ダウンタイムは最小限
  • シミがたくさんある方
  • シミと同時にしわ・肌質の改善をしたい方
  • にきび痕がある方
  • そばかすがある方
  • くすみが気になる方
  • 全体的に光老化が強いかた(深いしわとシミがある人)

PICOSURE とは

①従来のナノ秒レーザーであるQスイッチレーザーは、熱を発生させて色素を破壊するため、炎症後色素沈着を起こすことがありました。ピコ秒レーザーであるPICOSUREは、熱作用がほとんどなく、衝撃波で色素を粉砕することができるため熱作用がほとんどなく、そのため炎症後色素沈着を起こしにくいのが特徴です。
また従来のレーザーでのしみ治療では必要だったテープでの保護の必要がありません。術後に軟膏を塗るだけの簡単なケアで、日常生活に影響なく、人にばれずに簡単にしみを除去することが可能になりました。


従来のしみ治療…熱作用で破壊するため色素の粉砕力が弱い=炎症後色素沈着を起こすことがある。


ピコシュアのしみ治療…衝撃波で色素を非常に細かく粉砕できるため、治療効果が高く、炎症後色素沈着を起こしにくい。

②PICOSUREはフラクショナル照射ができます。フラクショナル照射では肌を傷つけずに真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、シワ・ニキビ跡・毛穴の開きを改善することができます。肌の若返りにも非常に高い効果を発揮します。
皮膚表面にダメージを与えることが少ないため、他のピコフラクショナルのように点状出血することがありません。

③従来のフラクショナルレーザーは5〜14日程度のダウンタイムがありましたが、PICOSUREによるピコフラクショナルのダウンタイムはわずか24時間と短いため、日常生活にほとんど影響がありません。

24時間で赤みはひきます

④PICOSUREはピコレーザーの中で唯一「シミ」「シワ」「ニキビ跡」「タトゥー」の全ての分野でアメリカFDAの認可を取得しています。 (FDAはアメリカの厚生労働省にあたります)数多くの分野でFDA認可を得ているのはPICOSUREだけです。


「シミ」

「シワ」

「ニキビ跡」

「タトゥー」

⑤PICOSUREは他のピコレーザーと違い755nmの波長を使用するため、他のピコレーザーに比べメラニン色素に対する吸光度が3倍と高いため、低エネルギーでも効果的で色素疾患に非常に効果の高い治療ができます。

Q&A

Q. 施術時間は?
A. 施術内容、照射部位によって異なります。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。

Q. 痛みはありますか?
A. ゴムで弾かれたようなパチパチした軽い痛みがございますが、特に麻酔は必要ありません。痛みが心配な方は麻酔クリームを塗布します。(別途¥1,000必要)

Q. 日常生活に支障はありますか?(ダウンタイム)
A.照射後の赤み(数時間で消失する場合がほとんどですが稀に数日継続する場合があります)
色素脱失(稀に発生しますが、1~2ヶ月で改善する場合がほとんどです)

Q. 何回の施術が必要ですか?
色調やお悩みにもよりますが1回の施術でも効果はあります。ただ、効果をさらにあげたい場合は3回~5回程度継続して施術を受けられることをお勧めします。(1か月~2か月に1回のペースが目安)

Q. 日焼け肌でもOKですか?
A.日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。