1. 医師紹介

    院長プロフィール・ご挨拶

  2. 医院案内

    診療方針・初診の方へ

  3. アクセス

    当院までのアクセス・駐車場・診療時間

自費治療

ULTRACEL Q+

痛みがすくなく脂肪燃焼効果が高い

ULTRAcel Q+の革新的なポイント

  1. 点だけでなく線状に照射できる
  2. 目の周囲や法令線の真皮にも重ねて照射できる
  3. 痛みがすくなく脂肪燃焼効果が高い

こんな方にオススメ!

  • リフトアップ
  • たるみ、しわの改善
  • フェイスライン
  • タイトニング
  • 小じわの改善
  • ほうれい線の改善
  • 小顔効果
  • ボディの引き締め(コントアリング)

ULTRAcel Q+とは

2018年に登場したたるみ治療機です。HIFU(高密度焦点式超音波)というテクノロジーを使用し、術後の赤みや腫れもほぼなく、短時間で快適にかつ強力に肌のリフトアップやたるみ・しわの改善、引き締めにはたらきかけます。またHIFUの効果は即時的&中長期的!
HIFUテクノロジーはターゲットに超音波の熱エネルギーを与えることで脂肪細胞を破壊し、排出します。リフトアップやタイトニングに最も効果的な皮下やSMAS筋膜にHIFUを照射できるのは医療機関のみ!

①当院では2019年11月に発売されたリニアカートリッジを2.0mmと4.5mmの2つ採用しています。

従来のHIFUでは4.5mm、3.0mm、1.5mmの深さで点状に照射し、SMAS筋膜まで熱を与えることでコラーゲンを新生させ、リフトアップに作用していました。しかし「リニア・カートリッジ」は、従来の点ではなく線状にHIFUを照射します。線状に照射すると、今までの6倍の範囲に熱が伝わり、SMAS筋膜より浅い層にある脂肪層をしっかりと熱を加え、脂肪減少、引き締めを実現させます。4.5mmであご下を集中的に照射することで脂肪減少できますし、2.0mmも用いて顔面全体に照射することにより、ダウンタイムなく美しいフェイスラインを作ることが可能です。また今までは、同じ部位への照射は数か月ほど開ける必要がありますが、リニアカートリッジの場合は2週間後に同じ部位への照射が可能になります。
推奨回数の3回の施術を行っても、およそ1ヵ月半という短期間で二重アゴの解消・小顔効果が期待できます。
2週間に1回×3回の施術がおすすめです。

当院ではさらに小回りが利く2.0mmおよび1.5mmの浅い層に照射できるカートリッジを使用し、機械での照射が難しかった眉間・眉下・ほうれい線・口の上・あごなどに施術でき、特に目のたるみがすっきりします。

②また従来からあるウルトラセルよりも、施術時間が1/3と早く済むため、気軽に受けていただけます。

 

Q&A

Q. 施術時間は?

A. 施術内容、照射部位によって異なりますが、全顔のリフトアップ治療の照射時間は平均400ショット照射した場合10~12分程度です。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。

Q. 痛みはありますか?

A. 痛みの感じ方には個人差がありますが、わずかに熱感があります。ほとんどの方は麻酔なしで施術が可能ですが、ご心配な方は担当医師にご相談ください。

Q. 日常生活に支障はありますか?(ダウンタイム)

A. ありません。施術後すぐにメイクも可能です。稀に腫れ、筋肉、かゆみが伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。

Q. 何回の施術が必要ですか?

A. 1回の施術でも効果的です。ただ、効果を維持したいとお望みの場合は、継続して施術を受けられることをお勧めします。(半年に1回のペースが目安)

Q. 効果はいつ頃期待できますか?

A. 施術直後から効果を感じることはできますが、数ヶ月後にコラーゲンの再生が起きます。
このプロセスは、最長6ヶ月まで持続します。

Q. 日焼け肌でもOKですか?

A. 肌の色を問わず施術を受けられますが、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。